コピー機をリースするときにはランニングコストにも着目

カテゴリ

カレンダー

2018年5月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

コピー機のリースは簡単だけどトラブルには注意

コピー機はリースにすることにより、資産ではなく経費としての計上が可能です。
リース契約は一般的な相場として10,000円~20,000円の月額料金となることがありますが、これは新品の場合で、中古のコピー機であればより安い価格で使用することもできます。
リースは一括でまず契約をし、それをリース会社に月額で納入する形になりますので、何でも使えるのではなく審査が必要となります。この「与信審査」という審査を行うのが普通です。
一度契約してしまうと基本的に途中での解約はできず、解約しても支払いが残るなど大きなトラブルになるため注意が必要です。
多くの場合、利用者とリース会社とのやりとり直接行わなくとも、業者が代行してくれますので、難しいことはありませんが、その分契約城ケなどはしっかり確認する必要があります。
特に業務用のコピー機はトナーやユニット、部品など様々な部分の交換やメンテナンスが必要で、そのランニングコストの方が高くつくことが多く、そこまでしっかり相談に乗ってくれる業者が良いでしょう。
分割払いとは似ているものの、利用者と複合機販売会社の間にはリース会社が入りますので、その点が単なる分割払いと違い、時にややこしくなりますので、メリットデメリットをよく考慮して利用してください。

コピー機の買取やリースはメリットデメリットを考えて

コピー機を買い取りにするかリースにするかはメリットとデメリットをよく検討し、最適と思われる形で導入するようにしましょう。
買取のメリットは何よりもわかりやすいことにありますが、買取の場合には経年劣化による品質の低下が避けられないことや、まとまったお金が必要となるのがデメリットになります。
一方のリースは、支払い総額は大きくなるものの、分割払いにできるのがメリットで、月額あたりの料金は多くの場合1万円を下回ります。そして契約に関して専門的な業者がメンテナンスまでを見越してセットで提案をしてくれることも多く、専門知識のある担当者がいなくても安心です。
リースの場合はどうしても総額が大きくなることや、途中での解約が難しいことがデメリットとなります。5年で組むことが一般的ですので、その間に何かの事情でコピー機の使用が中止となったとしても、残額の支払いはしないといけないので注意してください。
リースのメリットは、5年使ったならその後はまた新しい機種をリースすれば、一定期間ごとに高性能な品が使えるということにあります。もちろん、そのままのコピー機を再リースすることもでき、その場合にはさらに格安料金での使用も可能です。

Copyright(C)2017 コピー機は購入よりも業者からリースしたほうが賢い選択 All Rights Reserved.