高性能コピー機のほうが結果的に経費節約になることもある

カテゴリ

カレンダー

2018年5月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

コピー機のリースでビジネスのロスを減らす

コピー機の性能はビジネスのスピードを大きく左右します。
印刷速度の速さは、それだけ印刷作業をスピーディーにし、作業者の精神的なストレスを少なくします。時間もコストですから、印刷速度が速いだけでも見えないコスト削減になります。
また、そういった高性能のコピー機は基本的に高いのですが、リースであればリース料金や保守料金を毎月のランニングコストとして経費計上できるので、税金対策にもなります。
リース価格を下げるように中古の複合機をリースすることもありますが、安ければ良いといことではないため、ぜひ見えないコストやメリットにも着目してもらえたらと思います。
リースだとどうしても本体価格だけではなく、金利、消費税、保険料、手数料など様々な料金が発生しますが、逆に言えばそれだけのメリットがあるものです。たとえば、途中でリース商品が故障してしまった場合にも、過失が無ければ取り換えを申請することができます。
リース契約と保守契約は基本的に別ですが、保守契約についてはその内容はしっかりと確認しておきましょう。定期のメンテナンスのみか、それともその他のトラブル対応が可能か、作業者の派遣の有無など微妙に条件は違います。コピー機を保守業者に送るようなことになればかなり時間がロスですので、派遣してくれるサービスを選びましょう。
ビジネスのロスを減らすためのコピー機選びをぜひ検討してください。

コピー機のリースなら自由度の高い資金利用が可能

リースではコピー機本体の価格よりも高い料金となるため、人によっては嫌な顔をする場合もありますが、比較的低利率で分割払いとして、経費計上ができるというのは企業活動で大きなメリットです。
とは言え、他の支払いも多くあるのが普通であり、コピー機の導入が本当に可能なのかはよく検討する必要があります。そのため、与信審査をあらかじめ行うところも多いです。与信さえしっかり通れば、社会的にも支払いができる能力があると認められていることなので、スタートアップの企業には自信にもなります。
会社を立ち上げたばかりの場合には、多くの出費がありますから、初期費用は抑えて別の分野に資金を投入したいことも多いと思いますので、リースにしておくケースも多く見られます。
そして、コピー機をリースしておくと定期的に機種の変更ができるので、使ってみてあの機能があればよかったのにという希望を次の商品選びに活かすこともできます。
企業活動は同じレベルでなく、常に次元を上げていく必要があるため、リースなら企業の成長に合わせてコピー機の性能も変更することができます。
資金利用の自由度の高さを実現するコピー機リースで、限られたビジネス資源を有効に使いましょう。

Copyright(C)2017 コピー機は購入よりも業者からリースしたほうが賢い選択 All Rights Reserved.