業者選びの基準は「どれだけバックアップしてくれるか」

カテゴリ

カレンダー

2018年2月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

リースのコピー機とかかるコスト

コピー機をリースという形で導入するメリットは、初期費用がかからないこと、そして毎月のリース料を経費として扱えることです。少しでも安くコピー機を導入したいのであれば、リースを利用しておいて損はありません。ただ、長い目で見るとリースは損なのではないかと考える人もいるでしょう。確かに、毎月利用する枚数などによっては、リースの方が割高になります。ただ、リースにかかるコストというのは、業者によって大きく異なり、しっかりと比較検討をすることで費用を抑えることができます。
少しでもコストを抑えるためには、1ヶ月に印刷をする枚数を把握しておく必要があります。リースをするのであれば、少しでもコピースピードが早い高性能なコピー機を選びたいと考える人は少なくありませんが、1ヶ月に印刷をする枚数が少ないのであれば、リース料が安いコピー機の方がお得です。反対に、1ヶ月にコピーをする枚数が多いのであれば、カウンター料金が少しでも安くなるコピー機を選んでおくことがおすすめです。多くの枚数をコピーする場合、コピー機のリース料が安くても、カウンター料金が高いのでは、損をしてしまうことになります。そのため、リースにかかるコストを少しでも抑えたいのであれば、業者やコピー機の選び方が重要になってきます。

コピー機リースはコストメリットが大きい

コピー機を事業で利用される場合には、コストを考慮して選びましょう。
コストは購入時のコストばかりを検討するのでなく、使用する中でのコストを検討する必要がありますし、事業であれば資産として計上するのか経費として計上するのかも重要な問題です。
コピー機のリースのメリットは資産ではなく経費として計算できるということで、税務上有利になります。
また、リースの場合には、業者がサービス面でのバックアップをしてくれることも多く、メンテナンスなどのサービスも有利な条件で手配してくれることが多いです。
基本的にリース契約と保守契約は異なりますが、リース会社はそれだけコピー機の販売件数を多く持っているため、良い条件での保守サービスを受けられる可能性も高いのです。
リースは一度契約するとコピー機本体の価格よりも総額では高くなりますが、持続的に事業活動ができている状態であれば、それが負担になることはほとんどなく、むしろ助かることの方が多いです。
また、最終的に買取の場合コピー機の処分が必要ですが、リースなら業者が持ち帰ってくれるという点でも気楽です。
最終的に何をコストとするかはそれぞれですが、導入や廃棄に関しての様々な事務コストを含めると、コピー機はリースの方がコストメリットは大きいと考えられます。

Copyright(C)2017 コピー機は購入よりも業者からリースしたほうが賢い選択 All Rights Reserved.